1.    無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長生きの可能性が高い生活は?

厚生労働省研究班の調査結果に基づく推計によると、がんや心筋梗塞などの循環器疾患を起こさないで今後の10年間を生きる可能性が最も高いのは、「禁煙、月1~3回の飲酒、BMI25~27」の人であることが判明しました。
(参考記事:毎日jp<長生き>禁煙・節酒に「太め」メタボ健診に疑問・・・厚労省

なお、BMI(肥満指数、Body Mass Index)とは、肥満の判定にが使われているもので、下記の計算式から求められます。

BMI=体重kg÷(身長m×身長m)

また、日本肥満学会の定めた肥満度の判定基準は、次のようになっています。

■肥満度の判定基準(日本肥満学会2000)
 低体重(やせ) :18.5未満
 普通体重    :18.5以上 25未満
 肥満(1度)  :25以上 30未満
 肥満(2度)  :30以上 35未満
 肥満(3度)  :35以上 40未満
 肥満(4度)  :40以上
(参考:厚生労働省「肥満って、どんな状態?」

これらのことから、長生きするには、BMIだけでなく、禁煙や節酒も重要な要素であることがわかります。また、日本肥満学会が定めた肥満(1度)の部類に入る、やや「小太り」の方が長生きするという結果になっています。
米国の研究でも、小太りの体型(判定基準:肥満 1度)の人の方が死亡率が低いという調査結果が出ているようです。

また前出の記事によると、
調査対象年齢の人が、10年間にがんか循環器疾患を起こすか、死亡する可能性が最も高いのは、男性が「1日40本以上喫煙、週に日本酒2合相当以上の飲酒、BMI30以上」、女性が「喫煙、同1合相当以上の飲酒、BMI30以上」だった。

となっていますので、該当する人は注意が必要です。

※関心のある方は、現在のメタボ健診のあり方に疑問を投げかけたブログ記事「メタボ基準は産官学の癒着の産物?」(gooブログ 環境と体にやさしい生き方)も合わせてお読みください。


ブログランキング参加中です。よろしければ、応援をお願いします。
FC2 Blog Ranking

 

見るだけでも楽しい
 生活応援ネットスーパー・バーゲン情報
  
スポンサーサイト

2009/02/02(月) | 長生き | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kenkououen1.blog56.fc2.com/tb.php/5-d3ca7e55
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。