1.    無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

その歯磨き剤は安全なの?

私たちは毎日、虫歯予防や口内衛生、口臭防止などの目的で歯を磨いています。
でも、使っている歯磨き剤については、案外無頓着な人が多いのが現状ではないでしょうか?

この歯磨き剤に、健康を阻害するものが含まれていたとしたらどうしますか?
実は、多くの歯磨き剤に有害な物質が含まれているんです。

ブログランキング参加中です。よろしければ、応援をお願いします。
FC2 Blog Ranking



歯磨き剤の目的としては、歯垢をきれいにとって虫歯や歯周病を予防する、口臭を除去する、口内の爽快感を得るなどがあげられます。
歯磨き剤の成分を見てみると、研磨剤、湿潤剤、粘結剤、発泡剤、香味剤、そして、薬用の場合には薬用成分となるものが入っています。今回とりあげるのは、発泡剤としてほとんどの歯磨き剤に使われている合成界面活性剤の『ラウリル硫酸ナトリウム』です。

手元にある「食品・化粧品危険度チェックブック改訂版」によると、ラウリル硫酸は、ハンドローション、洗顔クリーム、皮膚軟化クリーム、脱毛クリーム、コールドパーマ液、シェービングクリーム、ボディソープ、シャンプー、マウスウオッシュにも使われています。

このガイドブックによると、化粧品などで使用した場合には、
「脂肪を除くので皮膚が乾燥し荒れる。目に悪影響をおよぼし障害を招く。アレルギーを引き起こす。動物実験では受精卵死亡の報告がある。」など、高い毒性を持ち、発ガンやアレルギーの可能性が高い物質であるとしています。


歯医者さんのなかには、危険性をわかっているので、市販の歯磨き剤を使っていない人も多いそうです。歯磨きのあとに口をすすいでも、完全に取り除くことは不可能です。まして、子どもの場合、使用量も考えず中途半端な歯磨きで終わることが多いために、危険性も高くなります。

環境問題研究家の石井佐知子さんは、著書「環境ホルモンなんて怖くない!」のなかで、歯磨きのあとに水で8回すすいでも、口中のラウリル硫酸ナトリウムの濃度は、ヒアユが10匹くらい簡単に殺せるほどだと書いています。

歯磨き剤で歯が白くなる訳ではないので、何もつけずに磨くか、下記の歯磨き剤の使用をおすすめします。

合成界面活性剤不使用の歯磨き剤
  

ブログランキング参加中です。よろしければ、応援をお願いします。
FC2 Blog Ranking



見るだけでも楽しい
 生活応援ネットスーパー・バーゲン情報
  
スポンサーサイト

2009/03/23(月) | 暮らし全般 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kenkououen1.blog56.fc2.com/tb.php/16-fa86551f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。