1.    無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

健康を考える上で最重要な水

今回は、水についての話です。
人間の体の大部分は水でできており、乳幼児で約80%、成人は60~70%、老人でも50~60%が水分です。水には基本的な新陳代謝のはたらきがあり、健康を保つ上で非常に重要です。

人間が1日に排泄する水分量は、汗で蒸発しているものを入れると約2500ccにもなります。食物の中にも水分は含まれていますが、最低でも1500ccは純粋な水として補給する必要があります。

水のもっとも大きな働きは、血液の流れをよくし新陳代謝を促進することです。水は、老廃物や毒素を排出し、腸内細菌や酵素の活性化を促します。

水は、リンパ管の中でも活躍します。
人間の体のリンパ管システムは血管を川にたとえるなら下水管のようなものです。皮下組織にある過剰水分やタンパク質、老廃物などを浄化、ろ過、濃縮した後、血流へ運び込む役目を果たしています。その中には、ガンマグロブリンという免疫力をもつ抗体やリゾチームという抗菌作用をもつ酵素も含まれています。こうした免疫システムが充分に機能するにはよい水が絶対に必要です。

また、水を充分にとっていないと、気管支の粘膜は乾いてしまいます。気管支では痰や粘液が出ていますが、水分が不足するとそれが気管支にベタッと張りつき、ばい菌やウイルスの温床になってしまいます。このため、水をあまり飲まない人は、病気にかかりやすくなります。 

それでは、良い水の条件とは何でしょうか?
次回は、「良い水の条件」について書いていきます。

姉妹ブログ「環境と体にやさしい生き方」の「水で命が救われた!!」も合わせてご覧ください。


【主な参考文献】
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-v新谷 弘実 サンマーク出版 2005
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 安部 司 東洋経済 2005
・環境と健康 安井至著 丸善

ブログランキング参加中です。よろしければ、応援をお願いします。
FC2 Blog Ranking



見るだけでも楽しい
 生活応援ネットスーパー・バーゲン情報
  
スポンサーサイト

2009/03/09(月) | 暮らし全般 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://kenkououen1.blog56.fc2.com/tb.php/14-8276c839
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。